柔道整復学科

活躍の場は無限大。将来性ある国家資格が柔道整復師なのです。

柔道整復師について

手術や投薬を行わず骨折・脱臼・捻挫・打撲などの外傷(ケガ)を施術する手技療法は「整復法」「固定法」「後療法」に大別され人体の持つ自然治癒力を最大限に活かした施術が医療現場でも注目されているのが柔道整復師です。また、スポーツ、福祉といった分野での活躍も求められている、将来性ある国家資格が「柔道整復師」なのです。

柔道整復師になるには

柔道整復師になるためには高校卒業後、厚生労働省が指定した養成施設か文部科学省の指定した4年制大学や専門学校で各科目を履修し受験資格取得後、国家試験を受け合格すると厚生労働大臣免許の柔道整復師となります。

カリキュラム

1年次~3年次

充実したカリキュラムで国家試験合格を目指します

授業の様子
基礎分野 生物学
情報処理
体育学
経営学
英語
社会コミュニケーション学
専門基礎分野 解剖生理学
運動学
病理学概論
外科学概論
一般臨床医学
リハビリテーション医学
柔道
整形外科学
衛生学・公衆衛生学
関係法規
専門分野 基礎柔道整復学
基礎柔道整復実技
臨床柔道整復学
応用柔道整復実技
臨床柔道整復実技

実 習

資格取得後すぐに即戦力となれる人材育成のため、知識と実技をバランスよく学ぶことで学習内容を確かなものにします。学内にある柔道場での実習や附属鍼灸整骨院での臨床実習、また包帯・テーピングギプスを用いた固定実習など、実践的な学習を重ねます。

柔道整復学科実技

骨折や脱臼、打撲や捻挫などによる損傷を想定し、整復・固定・処置を具体的に学びます。実技を繰り返して技術の精度を高めます。

臨床実技実習

鑑別評価の実際の進め方や、内科的疾患などについての知識を活用しながら、臨床現場での基本的な実技をしっかりと学びます。

包帯固定実技

包帯学各論では、骨折や脱臼、捻挫など、それぞれの症状に応じた処置として、綿包帯固定など包帯法を学びます。

柔道

柔術の流れをくむ柔道から生まれた柔道整復術。柔道を学ぶことで、関節のとり方や力の入れ方など人間の身体機能を知ることができます。

活躍できるフィールド

笑顔のかけ橋となるその手に技術力を身につけ医療業界へ

接骨院(整骨院)開業・勤務

柔道整復師の技術を十分に発揮できる、やり甲斐のある職業。整骨院で勤務した後に独立する人も増えています。

スポーツトレーナー

選手の怪我の施術や予防など、柔道整復師の技術は欠かせません。プロや実業団チームに所属したり選手の専属個別トレーナーになることも可能です。

健康増進施設 勤務

健康やスポーツに関心が高まるなか、医学的知識をもとにした正しいトレーニングが行える柔道整復師の需要が増えています。

整形外科 勤務

骨折等の徒手整復術を行う専門技術者として勤務したり、リハビリなどを行う医療スタッフとして勤務することができます。

福祉施設 勤務

柔道整復師は介護保険制度においては「機能訓練指導員」という立場にあり、自立支援など重要な役割を担っています。

柔道整復専科 教員

養成学校に通う学生たちを指導する教育分野での仕事。実務経験を積んで教員資格を取得し、未来の柔道整復師を育てる職業です。

学 費

種別 1学年 2学年 3学年


入学金 550,000 円    
前期
授業料 475,000 円 475,000 円 475,000 円
実習教材費 100,000 円 100,000 円 100,000 円
施設維持管理費 50,000 円 50,000 円 50,000 円
後期 授業料 475,000 円 475,000 円 475,000 円
実習教材費 100,000 円 100,000 円 100,000 円
施設維持管理費 50,000 円 50,000 円 50,000 円
年間合計 1,800,000 円 1,250,000 円 1,250,000 円
3 年間合計 4,300,000 円

上記学納金より、入試および各種制度で入学金の一部免除や奨学金を受給することができます。
実習教材費には、各種衛生材料費・教科書代・実習着代・学生保険料・実習費などが含まれます。
(但し、国家試験受験料および定期試験の追再試験料・海外研修・認定講座は実費負担となります。)
納入金及び提出書類は、いかなる理由があっても返還致しません。


TOP
search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss