卒業生の声

OB MESSAGE

OCIMではこれまで多くの人材を輩出!仕事の魅力ややり甲斐、これからの夢、さらには「OCIMを選んで良かった」本音の思いをお届けします。

大城 眞南美

やりたかったこと、願っていたことが実現。
心もケアできる鍼灸師を目指していきます。

新垣形成外科勤務/美容鍼灸師

大城 眞南美(鍼灸学科3期生)

私は以前、一般企業に勤めていました。そこは女性の多い職場で、女性特有のストレスを持つ人も多く、いつしか「同性として手助けがしたい」と思うようになり会社を辞めてOCIMに入学。「内側から治す」という鍼灸は私の理想でもあったので医学と癒しを テーマにした当院のメディカルエステや、”究極の治療は病気をしない健康な体”という考えにも共感し、ぜひ働きたいと今に至って います。実は当院はこの春から鍼灸を取り入れていて、私はそのスタッフ第一号。在学中に結婚し、主婦業も新米修行中ですが患者 さんに寄り添い、身体の治療だけでなく心のケアもできる鍼灸師を目指し、精一杯務めていこうと決意を新たにしています。


真栄城 賢太

原点は柔道整復師の知識と技術。
沖縄の健康とスポーツに貢献したい。

MK style Lab 代表/STAR認定インストラクター 柔道整復師

真栄城 賢太(柔道整復学科4期生)

現在、私はフリーランスという形で、県内の某高校のバスケット部専属スポーツトレーナーとして活動しています。施術はもちろん、リハビリの計画、身体の不調における相談やアドバイス、そして沖縄では非常に数少ない「リズムスポーツトレーニング」を取り入れた指導も行っています。この他にも、地域の健康促進などにも取り組んでいますが、やり甲斐はどちらも同じ。人の笑顔が喜びであり、私の原点となる柔道整復師の資格がしっかりと活かされていることに尽きます。今後も「健康とスポーツのプロ」として自らを磨き、後に続く後輩達が幅広く活躍できるよう、環境の整備にも力を入れていきたいと思っています。


宇良 優希(柔道整復学科1期生)

知識が技術を支えてくれる
今後は学んだことを社会に還元できる人に

株式会社ワイズケア/柔道整復師・鍼灸師

宇良 優希(柔道整復学科1期生・鍼灸学科1期生)

学校の授業では実技が好きで座学は大変だったけれど、今多くの患者さんと接していて感じるのはいかに座学の授業が大切かということです。授業で習った病気やケガの患者さんが来院された時、学んだことが身になっているという実感が湧きます。その知識や技術を、これから様々な人たちに還元していくことが今の目標です。そのために、今後はもっと外の世界に出て視野を広げていこうと考えています。


鳴海 里香

患者さんにとっての一番良い状態を一緒に作る

株式会社グローバルスポーツ医学研究所/鍼灸師

鳴海 里香(鍼灸学科1期生)

元々ボディリラクゼーションの仕事をしていたので、働きながらOCIMに通いました。1日のサイクルが朝[仕事]→昼[学校]→夜[仕事]という毎日は大変でしたが、先生も同級生も助けてくれて、とても有意義な3年間でした
卒業後も交流があり、たまに集まって皆で情報交換等を行っています。
今は「問診の難しさ」を肌で感じながらも、患者さんに「来て良かった」と言ってもらえるように日々努力しています。


TOP
search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss